ロゴ

給水方式変更工事

給水方式変更工事とは

TOP>給水方式変更工事

ポンプ直送方式高架水槽方式・受水槽併用式は、貯水槽を設けて一旦これに貯水した水を揚水ポンプで高架水槽へ揚水して各家庭の蛇口
へ給水します。または貯水槽の水を給水ユニットで各蛇口まで圧送します。
これらの給水方式は貯水槽や高架水槽に水を貯水しますので水質汚染が考えられます。その為貯水槽の清掃や維持管理が必要となります。
給水方式変更工事とは、上記の様な給水方式を貯水槽や高架水槽を使用せずに給水する方式への変更工事です。

 

高架水槽方式→ポンプ直送方式


給水方式変更工事

貯水槽で貯水した水を揚水ポンプで高架水槽まで揚水し高架水槽からは自然流下で給水する高架水槽方式を、配水管から供給
された水をいったん貯水槽に貯水して、給水ユニットで各家庭の蛇口まで給水する方式への変更工事です。

ポンプ直送方式は貯水槽を使用しますが、給水ユニットによる制御で水道を各蛇口まで圧送しますので高架水槽は使用しません。
その為高架水槽の維持管理は不必要となります。(貯水槽の維持管理は必要です)

高架水槽方式・ポンプ直送方式→直結増圧方式


給水方式変更工事2

上図の高架水槽方式とポンプ直送方式を直結増圧方式への変更工事です。
直結増圧方式とは、給水管の途中に増圧ポンプ(ブースターポンプ)を設置し、配水管からの水に圧力を増して高層階に直結給水する方式です。

これにより以下の様なメリットが有ります。

メリット

●貯水槽における衛生上の問題の解消。

  • ・定期的な水槽の清掃消毒作業がなくなる。
  • ・水道水の衛生安定供給が出来ます。
  • ・水質劣化が解消されます。

●省エネの推進  

  • ・配水管の圧力を有効利用するためエネルギーロスが少なく動力費の節約が出来る。

●スペースの有効利用    

  • ・貯水槽が不要な為スペースをとりません。

デメリット

    
  • ・貯水槽で水を貯水しないため配水管が断水時水がでなくなる。
  • ・ブースターポンプの点検が必要(1年/1回)。
  • ・ブースターポンプの故障や停電で断水する
  • ・配水管の影響を受けやすい。

給水方式変更工事施工事例1  増圧高架水槽方式   

既設給水方式は貯水槽と高架水槽を使用した高架水槽方式です。貯水槽の老朽が原因で給水方式の変更を実施する事となりました。


★高架水槽方式から増圧高架水槽方式


この方式は貯水槽で貯水せずブースターポンプで屋上の高架水槽へ揚水し高架水槽に貯水した水を自然流下で各家庭の蛇口まで水を供給します。


給水方式変更工事3


●増圧高架水槽方式の工事実例


①メーター口径変更
メーター

40mmから50mmに変更
②非破壊検査
非破壊検査

貫通箇所のレントゲン調査
③ダイヤモンド貫通
ダイヤ貫通


④50mm給水管新設工事 
配管工事

VA50で新設



⑤給水管新設工事 
配管工事

⑥給水管新設工事 
給水管新設

⑦揚水管新設工事 
揚水管

⑧揚水管新設工事 
揚水管新設

HIVP50



⑨既設高架水槽解体中
配管工事

⑩既設高架水槽解体後
高架水槽

⑪新規高架水槽
新規高架水槽

⑫新規揚水管
新規揚水管




新規給水管 HIVP100mm
新規給水管

新規増圧ポンプ
増圧ポンプ

川本ポンプ KDP3-50A1.5
新規メーターBOX
メーター




●給水方式変更工事のフォロー図
フォロー図


給水方式変更工事施工例2 直結増圧方式


既設給水方式はポンプ直送方式です。給水ユニットの故障と貯水槽の漏水が原因で給水方式の変更を実施する事となりました。


★ポンプ直送方式から直結増圧方式


既設引き込み管は25mm。
水理計算の結果直結増圧方式では40mmの引き込み管が必要なため、道路を掘削して引き込み管の口径変更を行います。
敷地内部の給水管(2次側)の口径変更も行い新規ブースターポンプに配管を接続して完了です。

給水方式変更工事4

①道路掘削
解体工事

②排水管から40mm分技
給水工事

③40mmメーター新設
水道メーター

④2次側給水管新設工事 40mm
配管工事


⑤既設貯水槽解体
貯水槽解体

⑥既設架台・ポンプ室解体
貯水槽解体後

⑦新規増圧ポンプ取付
新規増圧ポンプ

⑧タイル・アスファルト補修
タイル工事





給水方式変更工事施工例3 直結直圧方式


直結直圧方式へ変更工事

直結直圧方式とは、ポンプを使用せずに配水管の圧力で直接蛇口まで給水する方式です。大阪市では3階建てまでの建物を対象にしていますが、神戸市は6階建てまで、京都市は5階建てまでと地域により基準が異なります。


これにより以下の様なメリットが有ります

  • ・貯水槽に水を貯めないので水が新鮮。
  • ・定期的な貯水槽・高架水槽の清掃消毒作業がなくなる。
  • ・配水管の圧力を有効利用するためエネルギーロスが少なく動力費の節約が出来る。
  • ・ポンプを使用しないため停電時でも水道が使用できる。

デメリット

  • ・貯水しないため配水管の断水時はすぐに断水する。
  • ・配水管の水圧の影響を受けやすい。

①道路掘削
道路掘削

②配水管から40mm分技
配管工事

③40mm配管新設後
配管工事後

④敷地内土間解体工事
土間解体工事


⑤PS内新規水道メーター
水道メーター

⑥給水管40mm新設
配管工事

⑦土間補修工事
左官工事

⑧道路アスファルト補修
アスファルト補修


⑨土間補修後
土間補修後

⑩既設貯水槽
既設貯水槽

⑪既設給水ポンプ
既設貯水槽

⑫貯水槽・給水ポンプ撤去
貯水槽・ポンプ撤去後


















給水方式変更工事は専門的な技術と知識が必要です。間違った施工方法で工事を行うと重大な事故やトラブルが発生します。当社では施工事例以外にも大阪、京都、神戸、奈良、その他エリアでも多数の工事実績がございますので、お客様の建物に最適なプランニングを提案できます。ブースター(増圧)ポンプや給水方式・給水方式変更工事に関する事、その他疑問などございましたらお気軽にお問い合わせください。