●高架水槽方式


高架水槽方式

高置水槽方式はもっとも一般的な方式です。貯水槽を設けて一旦これに貯水した後、揚水ポンプでさらに高置水槽へ汲み上げ自然流下により給水する方式です。高置水槽方式では貯水槽と高架水槽を使用しますので、定期的な水槽の清掃消毒作業や水質検査等その他維持管理が必要です。 維持管理を怠ると重大事故が起こる事があります。また貯水槽・高架水槽に水を2度保留する為、水質汚染等考えられます。 詳しくは貯水槽清掃・衛生管理をご覧ください。

       

●ポンプ直送方式


    
ポンプ直送方式

ポンプ直送方式とは上図のように配水管から供給された水をいったん貯水槽に貯水し、給水量に応じて給水ポンプの運転台数の変更や回転制御により給水する方式です。ポンプ直送方式は貯水槽を使用しますが給水ユニットによる制御で水道を各蛇口まで圧送しますので、高架水槽は使用しません。 その為貯水槽の維持管理・清掃消毒作業は必要ですが高架水槽の維持管理は不必要となります。

      

●直結増圧方式



直結増圧方式

直結増圧方式とは、給水管の途中に増圧ポンプ(ブースターポンプ)を設置し、配水管からの水道に圧力を増して直結給水する方法です。 この方式は給水管にブースターポンプを連結し、配水管の水圧に影響を与えること無く水圧の不足分を加圧して高い位置に直結給水します。最近の新築ビルやマンションではこの直結増圧方式がよく採用されています。これにより以下の様なメリットが有ります。

●メリット


  • ・貯水槽における衛生上の問題の解消。
  • ・定期的な水槽の清掃消毒作業がなくなり水道水の衛生安定供給が出来ます。
  • ・水質劣化が解消されます。
  • ・配水管の圧力を有効利用するためエネルギーロスが少なく動力費の節約。省エネになる。
  • ・スペースの有効利用貯水槽が不要な為スペースをとりません。

●デメリット


  • ・貯水槽で貯水しないため配水管が断水時水が出なくなる。
  • ・年1回ブースターポンプの点検が必要
  • ・ブースターポンプ故障でポンプが作動しないとき断水になる。
  • ・配水管の水圧の影響を受けやすい。

従来方式の(高架水槽方式やポンプ直送方式)をこの直結増圧方式へ変更することも可能ですので詳しくは給水方式変更工事をご覧ください。